ふどういん
砂尾山 不動院

  砂尾山橋場寺不動院の本尊は不動明王で、また布袋尊をお祀りしています。
不動院(橋場不動尊)は、天平宝字4(760)年、奈良東大寺建立に尽力のあった高僧良弁僧正の第一の高弟寂昇
(じゃくしょう)上人によって開創されました。当初は法相宗でしたが、長寛元(1163)年に時の住職教円(一説には長円)によって天台宗に宗派を改め、鎌倉以降は浅草寺の末寺となりましたが、現在は比叡山延暦寺の末寺となっています。

東京都台東区橋場2-14-19
03.01.22裕・編集
ふどうみょうおう
不動明王
〔仏〕 五大明王・八大明王の主尊。
悪魔を下し、仏道に導きがたいものを畏怖せしめ、煩悩を打ちくだく。菩提心の揺るがないことから不動という。仏や真言行者によく仕えることから、不動使者ともいう。猛々しい威力を示す怒りの表情を浮かべ、右手に剣、左手に羂索(けんさく)を持つ。石の台座にすわり、火生三昧にはいり、火焔を背負っている。阿遮羅
(あしやら)。不動尊。無動尊。
ろうべん
良弁
朗弁
(689-773) 奈良時代の僧。
日本華厳宗第二祖。義淵に法相宗を学び、奈良東山で苦行。金鐘寺(のち、羂索院)に住し、審祥
(しんじよう)を講師としてはじめて華厳の講席を開く。東大寺初代別当、ついで僧正。二歳のとき鷲にさらわれて春日社前の杉(良弁杉)の枝に置かれ、義淵に養育されたという伝説がある。金鐘行者。金鷲菩薩。りょうべん。

03.01.16撮影

03.01.16撮影

03.01.16撮影



矢先稲荷神社
鷲神社

吉原神社
石浜神社
不動院
今戸神社
待乳山聖天
浅草神社

浅草寺
浅草名所七福神へ


東京ぶらり散歩



何処に行ってもぶらり散歩一覧
カウンター