おおとりじんじゃ
鷲神社

  主祭神は天日鷲命(あめのひわしのみこと)です、日本武尊また寿老人 をお祀りしている。 
酉の祭、酉の市で知られる江戸下町を代表する神社で、開運、商売繁昌、家運隆昌、子育て、出世の神徳が深いとされ、「おとりさま」と称されて古くから江戸下町の民衆に篤く尊信されてきています。 鷲神社の創始についてはもとよりつまびらかではありません。天日鷲命は、開運、開拓の福神として鎮座。日本武尊は東征の帰途、松に熊手をかけて勝ち戦のお礼参りの日が、ちょうど11月の酉の日であったことからその日に神様をおなぐさめする祭が行われるようになり、それが酉の市のはじまりといわれています。
東京都台東区千束3-18-7
03.01.22裕・編集
やまとたけるのみこと
日本武尊
倭建命
景行天皇の皇子。
古事記の構想では、神武の大和平定後、孝霊・崇神と引き継がれる国内における王化の拡大の歴史の完成者として位置づけられる。西の熊襲
(くまそ)討伐・東征などは、その具体的活動。なお、日本書紀では、景行自身の九州・東国巡行とともに日本武尊の西征・東征が語られ、景行による国内平定という色彩が強い。小碓命(おうすのみこと)。倭男具那命(やまとおぐなのみこと)

03.01.16撮影

03.01.16撮影

03.01.16撮影



 
矢先稲荷神社
鷲神社

吉原神社
石浜神社
不動院
今戸神社
待乳山聖天
浅草神社

浅草寺
浅草名所七福神へ


東京ぶらり散歩



何処に行ってもぶらり散歩一覧
カウンター