龍頭山(ヨンドゥサン)公園

  釜山の標高180mの高台にある龍頭山公園です。釜山タワーからは遠く対馬が見えるということを聞いたが急ぎ足の旅ゆえ登ることをやめ公園内を散策しました
日本の公園もそうですが犬の散歩道になっているようで犬の話題なのでしょう楽しくおしゃべりの人を撮影しました、またご老人も多くおしゃべりに興じはたまた黙って景色を眺めていました。言葉が日本語であればなんら日本国内と変わらぬ風情でした。
 03.05.05追記  03.04.27裕・記編集

04.04.13撮影
公園案内板

04.04.13撮影
龍の像

04.04.13撮影

04.04.13撮影
龍の像・拡大 白山安熙済像 
(植民地支配からの独立を唱え戦った愛国者)

04.04.13撮影

04.04.13撮影
展望台120mの釜山タワーと李舜臣像 李舜臣像

04.04.13撮影



李舜臣(イスンシン)将軍(1545〜1598)は1592年の壬辰倭乱(文禄の役)、1597年の丁酉倭乱(慶長の役)に日本(秀吉)軍を打ち破った韓国の英雄、ガイドの金(キム)さんの説明では単なる武将としての英雄というだけでなく人間的に素晴らしい人物だったようです。

将軍率いる朝鮮水軍は、1592年5月2日に玉浦沖で、5.29には泗川浦で日本水軍を撃破した。日本軍の撤退後李舜臣将軍は失脚し、元均(1540〜1597)が指揮をとった。
1597年7月15日漆川梁海戦で朝鮮水軍は日本水軍に大敗を喫し、元均は戦死、朝鮮水軍は壊滅状態になるが、1597.7.22李舜臣が白衣従軍を命じられ再び朝鮮水軍の指揮に復職。
1598年10月18日本軍と明・朝鮮連合軍は露梁津で激しい戦闘を行い、この海戦で日本軍は200隻近い兵船を失い、明・朝鮮連合軍は李舜臣将軍が戦死。日本軍は海上の封鎖が解かれた隙に順天倭城を脱出、11月25日釜山浦を撤退して日本に帰国、7年間におよんだ朝鮮の役は日本の敗北で終わった。

04.04.13撮影
釜山市民憩いの場所のようで白桃花のもと犬談義に華が咲いているようでしたした
(携帯は日本より普及しているとかで犬の写真を撮っていました)

04.04.13撮影

04.04.13撮影
鐘閣

04.04.13撮影

04.04.13撮影

04.04.13撮影
独立記念碑? (日本圧政からの解放記念?)

04.04.13撮影
??

04.04.13撮影
釜山市街地

04.04.13撮影

04.04.13撮影



龍頭山公園
石窟庵
仏国寺
青南台
水原華城
宗廟・青瓦台他
ガイドの金さん
旅先での食事
旅先でみた植物達
旅先での飲物・硝子瓶
何処に行ってもぶらり散歩一覧



個人的出来事表紙
カウンター