玄海漬

  わたしは、鯨の軟骨を粕漬けにした松浦漬が好きでした。
佐賀県唐津は昔鯨を獲っていたという歴史から生まれた食べ物だったようですが、反捕鯨の高まりで日本の商業捕鯨が禁止になり、松浦漬もいつのまにか鯨の軟骨を漬けたものは高価なものとなり土産物としては一般的ではなくなり?売られ無くなったようです。松浦漬はここでは紹介できませんでした。
同じような鯨の軟骨の粕漬け・玄海漬が現在(2002年)も売られていましたので、博多駅のお土産屋さんで買いました@600円(昔は@500円だったのですが)でした。
玄海漬の缶には次のような記述があります。
『本製品は国際捕鯨取締条約に基づいて(財)日本鯨類研究所が実施した南氷洋ミンク鯨、及び北西太平洋ミンク鯨、ニタリ鯨、鯨捕獲調査の副産物です。』
今(2005)年長崎に旅した時に長崎駅のお土産屋さんでみかけましたので家で食べようと買いました@1050円(税込価格)でした、値段が昔々の倍になっていました、それほど鯨の軟骨というか鯨の入手が困難になってきているのかなと・・
まつうら
松浦
九州北西部、旧肥前国のうち玄界灘に面する海岸地方の呼称。
古くは「まつら」と読む。ただし地理的にはその範囲は明確ではない。地名の起源は、『魏志倭人伝』に記載された末蘆国(まつろのくに)に由来するものと思われ、当初は、現在の佐賀県唐津市一帯ないし松浦川一帯をさしたものと推定される。
げんかいなだ
玄界灘
(玄海灘)
 福岡県の北西方の海。東は響灘、西は対馬海峡・壱岐水道に連なり、冬季風波の激しさで名高く、洋中に大島・小呂島・烏帽子島・姫島・玄界島などがある。玄海灘ともかく。
※2005(平成17)年3月20日10時53分頃、福岡市の北西約20kmの玄界灘を震源地とする強い地震で玄界島は大きな被害を受けたことは記憶に新しいことですね。
松浦漬
文禄(1592〜1595)年間、秀吉の時代に始まったといわれる呼子の捕鯨。中でも江戸から明治初期、小川島鯨組主・中尾家は隆盛を極め、クジラの食文化が定着したそうです。松浦漬が生まれたのは明治初期。当時、捕鯨を担っていた「小川島捕鯨株式会社」に出資していた山下善市の妻・山下ツル(松浦漬総本舗初代社長)が、カブラ骨(あごの軟骨)を粕漬けにしたのが、起源だそうです。
玄海漬 古来より玄海灘では、捕鯨が盛んに行われていました。明治中期その鯨の軟骨を調味粕に漬け込んだものを製品化し、それが“玄海漬”(鯨軟骨粕漬)の始まりで、100年の歴史の中で捕鯨をめぐる状況は大きく変化し唐津の銘産品としての味を守りつづけているそうです。調味粕は、京都伏見灘の銘酒粕を使用、この玄海漬が主力商品で他に海産物を原料とした珍味を製造販売しているそうです。
かぶらぼね
蕪骨
クジラの頭部の軟骨を細く削り、晒(さら)して乾燥したもの。三杯酢や粕漬けなどにして食べる。氷頭(ひず)。
05.12.21追記    02.02.06裕・編集記
 
02.02.06撮影

02.02.06撮影
玄海漬
鯨蕪骨粕漬

佐賀県唐津市佐志中通  玄海漬
品名 粕漬
原材料 酒粕、鯨軟骨、砂糖、水飴、食塩、酒精、調味料(アミノ酸)
内容量 160g

05.12.20撮影

05.12.20撮影
玄海漬
鯨蕪骨粕漬

佐賀県唐津市佐志中通4065  玄海漬
名称 粕漬
原材料名 酒粕、鯨軟骨、砂糖、水飴、食塩、酒精、香辛料
内容量 160g



その他雑記へ 個人的出来事 裕の頁
カウンター